• #定年後の生き方、働き方 #いってみました #やってみました

いってみました #映画 #すずめの戸締り #新海誠

映画「すずめの戸締り」を見てきました。
映画『すずめの戸締まり』公式サイト (suzume-tojimari-movie.jp)

新海誠の大ファン…というわけでもないのですが、
一時のジブリアニメのように
(一応)見ておくべき、押さえておくべき?存在と
なりつつあるような中で、
Facebookで「見てきました!」報告も相次ぎ、
足を運んだ感じでした。

新海誠のアニメを映画館で見たのは
「君の名は」「天気の子」だけでしたが、
アマゾンプライムの新海誠特集(だったと思います)で
「ほしのこえ」から一通り見ています。

通底に流れているテーマは
時間・空間・次元?を超えた
異常・非日常の中での
理屈ナシ・理屈無視の男女の恋、
人と人との結びつきを巡る
(感動の)物語というような気がします。

が、ある意味その一本調子の進化が凄まじく、
表現、ストーリー、キャラクターとも
映画館で見る(商業)映画として楽しめるものに
なっていると思いました。

マニアックな色はさすがに薄まっていると思いますが、
自分の作品を多くの人に見てもらいたい、
自分のこだわり、テーマを伝えたい、表現したいという
クリエイターの本能からすると正常進化でしょう。

今回の作品では、ロードムービーの要素も入っていて
エンタメとしての楽しみもアップしていました。

将来、進化の先を見届ける?ためにも
やはり、見ておくべき、押さえておくべき
映画だったと思います。

これから、どのように進化していくのでしょうか、
楽しみです。

次の映画は決まっていませんが、
乞う、ご期待。

映画の記憶 – 自由で気ままな旅 (utopia999111.info)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA