• #定年後の生き方、働き方 #いってみました #やってみました

いってみました #直島 #赤かぼちゃ #ベネッセハウスミュージアム

高松市周辺の5つのお寺への四国へんろを無事終了し、
直島へ行ってきました。

帰りは昼の移動で名古屋まで戻るつもりでしたので、
・高速バスで神戸or大阪経由で新幹線
・JRで瀬戸大橋、岡山経由で新幹線
という経路がまず思い浮かびますが、
時間的な余裕があるため、
小豆島、豊島、直島に行って、
そのまま船で本州(岡山県)側に移動し、
岡山経由で新幹線ということにしました。

JR高松駅の観光案内andネットで情報を集め
小豆島は大きく島内の移動にも時間がかかるため
今回は、有名なベネッセの美術館のある
直島へ行くことに最終的に決めました。
直島|香川の島旅に出かけよう!|島旅|香川県観光協会公式(my-kagawa.jp)
「直島(なおしま)観光旅サイト」直島町観光協会公式 (naoshima.net)

高松港9:05発→直島:宮浦港への高速船にのって
30分ほどで到着。
好天に恵まれ、穏やかな航海となりました。

宮之浦では、まずは、スパーキーズコーヒーで
遅めの朝食をいただきつつ一休み。
SPARKY’s Coffee & House (amebaownd.com)
朝から営業している店は少ないので貴重です。

有名な草間弥生の赤かぼちゃほか
港周辺のアートを見て回ります。

様々なポーズをとりながら映える写真?を写す
女性たちの姿も楽しませて?いただきました。

宮之浦では、木の崎うどんのあほうどんも
いただこうかと思っていましたが、
何と日曜日はお休み(要注意)!
直島 食事 木の崎うどん 直島店 直島町 (kinosaki-naoshima.com)
素直にあきらめて、ベネッセハウスミュージアムへ
向かうことにしました。

直島内の移動は
・町営バス
・レンタサイクル の利用が多いと思いますが、
私は、四国へんろで鍛えた?脚をたよりに
歩くことといたしました。

レンタサイクルを利用される方は、
島内はアップダウンが結構あるため
料金は高くなりますが、
電動アシスト付にすることをお勧めします。

途中、瀬戸内海の景色も楽しみながら歩いて
宮之浦からは30分ほどで地中美術館へ到着。
地中美術館 | ベネッセアートサイト直島 (benesse-artsite.jp)
ただし、ここは、現在、ネット予約で入館を制限しているため、
予約のない私は、入ることはできません。

地中美術館からは、
ベネッセアートサイト直島場内シャトルバス(無料)で
ベネッセハウスミュージアムへ。
ベネッセハウス ミュージアム | ベネッセアートサイト直島 (benesse-artsite.jp)

ここには、ホテルや屋外アートなどもあります。
時間とお金が許せば、2泊ほどしてみたいものだと
思いました。

草間弥生の作品「南瓜」があったところ。
何と、台風で流されて破損してしまったそうです。

帰りも地中海美術館まではシャトルバスを利用。
美術館からは、再び歩いて、宮之浦まで。
宮之浦から、岡山・宇野港までは船で20分ほど。
宇野からはJRで岡山へでて新幹線で帰りました。

地中海美術館や本村の家プロジェクトの
建物まで廻ろうと思うと、
日帰り・半日では難しい、
見どころいっぱいの島でした。

直島、豊島、小豆島間には、
直接、行き来できる航路もあるようです。
いつか行ってみたいと思います。
乞う、ご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA